大阪駅・梅田の歯医者・歯科ならYASUOKA DENTAL OFFICE UMEDA

矯正治療

invisalign

目立ちにくいマウスピース矯正
インビザラインとは?

当院では目立ちにくい・見えづらいインビザライン(マウスピース)矯正をご提供しております。

痛みの少ない取り外せるマウスピース矯正で歯並びを矯正してみませんか

痛みの少ない取り外せるマウスピース矯正で歯並びを矯正してみませんか

マウスピース矯正は、薄くて透明な医療用プラスチックでできたマウスピースを矯正装置として使い、歯並びを整えていく方法です。マウスピース矯正にも色々な種類がありますが、当院ではマウスピース矯正の中でも特に精密な矯正が行えるインビザラインシステムを採用しています。

インビザラインのマウスピースは装着していても周囲に気づかれることはほとんどなく、食事や歯磨きの際には外しておくことができ、大変便利です。矯正に伴う痛みが少ないのも特長です。

当院では、インビザラインダイヤモンドプロバイダー認定医による診断で、さまざまな歯並びの悩みに対応いたします。

対応可能な歯並び

インビザライン矯正では、下記のような不正咬合(かみあわせ)を矯正することが可能です。

叢生(乱ぐい歯)
叢生(乱ぐい歯)

顎のサイズに対して歯が並ぶ十分なスペースがなく、重なってデコボコになっている状態。

交叉咬合
交叉咬合

口を閉じた際に、上の歯のいくつかが下の歯の内側にある状態。

下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口)

上の前歯より下の前歯が前に出てしまっている状態。

空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に大きな隙間がある状態。

過蓋咬合
過蓋咬合

通常の咬み合わせよりも前歯が深く咬み込んでいる状態。

開咬
開咬

前歯だけが咬み合うことができない状態。

正中線のずれ
正中線のずれ

上下いずれかの歯の真ん中のライン(正中線)がずれている状態。

出っ歯(上顎前突)
出っ歯(上顎前突)

上の前歯が他の歯に比べ前に突き出てしまっている状態。

インビザライン矯正の特長

インビザライン正規取り扱い医院

インビザライン正規取り扱い医院

当院は、 「マウスピース型矯正装置」のパイオニア企業である、米国アライン・テクノロジー社(Align Technology, Inc.) の日本法人、インビザラインインビザライン・ジャパン株式会社の正規取り扱い医院になります。

インビザライン・ジャパン株式会社の規定で、医院により、取扱商品は限される場合もありますが、安岡デンタルオフィスは商品全て取り扱いが可能です。

インビザライン認定保有資格者在籍

インビザラインのDIAMOND認定ドクターが在籍することにより、安心して受けていただきます。日本にまだ数が少ないダイヤモンドプロバイダーが在籍しております。

【認定ドクターとは】
開発・製造元であるアメリカのアライン・テクノロジー社が認めた「インビザライン認定ドクター」です。

インビザライン認定保有資格者在籍
コンシェルジュ制度の導入

コンシェルジュ制度の導入

初診時から治療終了まで担当医と専任カウンセラーが継続して診ていきます。専任カウンセラーが一人ひとりの患者様に向き合い、個室カウンセリングルームでヒアリングを行初診時から治療終了まで担当医と専任カウンセラーが継続して診ていきます。専任カウンセラーが一人ひとりの患者様に向き合い、個室カウンセリングルームでヒアリングを行います。

デジタル技術を駆使し、可視化することにより、患者様にご理解いただけやすいご説明を行っています。

審査診断の精密性

当院では、「iTeroエレメント5D」「オルコア」「歯科用CT」「セファロ」「歯科用パノラマレントゲン」などのデジタル技術を駆使し、チーム診断することにより、口腔内の現状を把握することにより、適切な処置が行え正確なインビザライン矯正治療がおこなえます。

単純にインビザラインのみを提供する内容ではないので、ご安心頂いて、来院いただけます。

審査診断の精密性
短期治療

短期治療

インビザラインの商品を正確に作る技術や、専任コンシェルジュによる治療計画をたてることと、患者様にルールを守ってもらう事、により早期な効果が得られます。

また、治療終了後も定期健診プランをご用意しており、キレイな歯を保ち続けれます。

インビザライン矯正の種類

インビザラインコンプリペンシブ(フル)
コンプリペンシブ(フル)

歯列全体を変える必要がある重度の症状や、長期間で治療計画を変更されたい方を対象とし、マウスピースの枚数に制限がないプランです。

インビザラインモデレートパッケージ
モデレートパッケージ

大きく咬み合わせを変えない中度の症状を対象とし、マウスピース片側26枚、両顎52枚までの治療を最大3回繰り返すことのできるプランです。

矯正歯科のメリット・デメリット

メリット
永久歯を抜歯する可能性が減る

永久歯の抜歯を減らすことができます。
早いうちからの矯正で、口周りの筋肉のクセなどをとっていくことできちんと発達をするようになります。 これにはトレーニングなどが欠かせませんが、顎が正常に発達することによって抜歯しなければならない永久歯が減ることも考えられます。

顎の左右のバランスが整う

顎の左右のバランスを整えることができます。
顎の成長期に左右のバランスが悪いと片方でばかり噛んでしまうことがあります。 それによって顔の左右のバランスが崩れることがあります。 早いうちから噛み癖を直すことでバランスよく成長できるようになります。

ワイヤー矯正(ブラケット矯正)の期間を短くする

ワイヤー矯正の期間を短くできます。
永久歯が生えそろってからと、その前から治療を開始する場合ですとやはり治療にかかる期間が変わってきます。

メリット
治療期間が長く高額になりがち

治療期間が長く高額になる傾向があります。ただし、当院ではカードでのお支払い、デンタルローン等もご用意しておりますので、月々の支払額をおさえながら治療を進めることが出来ます。
矯正に時間がかかるのは、ゆっくりと矯正装置で歯を動かすからです。 急に力を加えることは望ましくありません。また矯正治療は保険が利かない治療である為どうしても高価になってしまいます。 時間とお金のいる治療ですから矯正を受ける本人とご家族の協力が必要です。

痛みを伴う場合がある

矯正治療は歯を動かす治療であり、痛みが出る場合もございます。通常、矯正装置をつけてからだんだんと痛みは減っていきますが、耐え難い痛みであったり先生から伝えられた経過と違ったりと万が一のことがあれば当院までご連絡ください。

永久歯を抜歯する可能性がある

矯正の段階でどうしても永久歯を抜くことになる場合も考えられます。 もちろん勝手に抜くといったことはありませんが、矯正担当医としっかり相談してご本人・ご家族の間でも話し合って治療方針を決定してきましょう。

施術の流れ

01. 初診相談ご予約

お電話にて初診のご予約をお取りください。

初診相談のご予約はこちらから

02. 矯正相談

レントゲンやお顔・お口の中のお写真の撮影、3Dスキャンなど資料取りを行います。
データを用いて、歯だけでなくお顔全体のバランスも見ながら、ドクターより患者様それぞれに合わせた治療内容・治療期間などをご説明いたします。
全顎矯正、部分矯正、小児矯正など、治療方法も複数ございますので、患者様のお悩みや改善したい部分に沿った治療内容をご提案いたします。
医療コンシェルジュも在籍しておりますので、気になることがあれば何でもご相談ください。

03. ご契約

治療を開始するにあたり、同意書にご署名をいただきます。
※未成年の方は必ず保護者の方のご署名が必要となります。

04. 矯正資料取り

レントゲンやお顔・お口の中のお写真の撮影、3Dスキャンなど資料取りを行います。
※矯正治療開始前に必要と思われる虫歯治療、歯周病治療の所見がある場合には、矯正資料取りの前に、虫歯治療および歯周病治療をお受けいただきます。

05. 診断結果おつたえ

資料取りを経て精密な検査結果をもとに立てた矯正治療計画を患者様にご説明いたします。
あらためて治療期間や補助装置の有無、仕上がりのイメージなどをご確認いただきます。

06. 矯正治療スタート

歯周基本治療後は、患者様によって治療方法が異なります。
下記の3つが主な治療方法です。

  • 2期治療(全顎矯正治療)
  • 部分矯正(限局な矯正)
  • 1期治療(混合歯列時の治療)
リスク・副作用

矯正治療

  • 矯正治療に必要となる期間や精度には個人差があります。
  • 口腔内の状況により、抜歯を伴うことが必要となるケースがあります。
  • 口腔内の状況により、叢生の改善をすることでブラックトライアングルが出て来る可能性があります。
  • 個人差がありますが、歯が後戻りをすることがあります(移動した歯は元の位置に戻ろうとする性質があります)。後戻りを防止する目的で、治療終了後はリテーナー(保定装置)を一定期間正しく装着してください。
  • ごく稀に歯が抜ける場合があります。
  • ごく稀にブラックトライアングルができる場合があります。
  • ごく稀に歯肉退縮が起こる可能性があります。回復するためには別途、歯周外科処置が必要となる場合があります。
  • 歯のスペースが極端に少ない場合は部分矯正では歯を移動させることが難しい場合があります。
  • 歯に痛みがでる場合があります。

インビザライン

  • 矯正治療に必要となる期間や精度には個人差があります。
  • 口腔内の状況により、抜歯を伴うことが必要となるケースがあります。
  • 口腔内の状況により、叢生の改善をすることでブラックトライアングルが出て来る可能性があります。
  • 個人差がありますが、歯が後戻りをすることがあります(移動した歯は元の位置に戻ろうとする性質があります)。後戻りを防止する目的で、治療終了後はリテーナー(保定装置)を一定期間正しく装着してください。
  • ごく稀に歯が抜ける場合があります。 ・ごく稀にブラックトライアングルができる場合があります。
  • ごく稀に歯肉退縮が起こる可能性があります。回復するためには別途、歯周外科処置が必要となる場合があります。
  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります。
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着が必須です。1日20時間以上の装着が守られない場合、望まれる治療結果に影響を与えることがあります。
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります。
  • インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)を用いた矯正治療は完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。