大阪駅・梅田の歯医者・歯科ならYASUOKA DENTAL OFFICE UMEDA

矯正治療

invisalign

インビザラインフル

奥歯も含めた上下28本を対象とした全体的な歯の矯正です。
最長2年以上かけて治療します。

インビザラインライトパッケージ

前歯上下10本ずつだけを動かす矯正で、早くて2か月最長3か月半程度で完了するお手軽な治療です。

矯正歯科のメリット・デメリット

メリット
永久歯を抜歯する可能性が減る

永久歯の抜歯を減らすことができます。
早いうちからの矯正で、口周りの筋肉のクセなどをとっていくことできちんと発達をするようになります。 これにはトレーニングなどが欠かせませんが、顎が正常に発達することによって抜歯しなければならない永久歯が減ることも考えられます。

顎の左右のバランスが整う

顎の左右のバランスを整えることができます。
顎の成長期に左右のバランスが悪いと片方でばかり噛んでしまうことがあります。 それによって顔の左右のバランスが崩れることがあります。 早いうちから噛み癖を直すことでバランスよく成長できるようになります。

ワイヤー矯正(ブラケット矯正)の期間を短くする

ワイヤー矯正の期間を短くできます。
永久歯が生えそろってからと、その前から治療を開始する場合ですとやはり治療にかかる期間が変わってきます。

メリット
治療期間が長く高額になりがち

治療期間が長く高額になる傾向があります。ただし、当院ではカードでのお支払い、デンタルローン等もご用意しておりますので、月々の支払額をおさえながら治療を進めることが出来ます。
矯正に時間がかかるのは、ゆっくりと矯正装置で歯を動かすからです。 急に力を加えることは望ましくありません。また矯正治療は保険が利かない治療である為どうしても高価になってしまいます。 時間とお金のいる治療ですから矯正を受ける本人とご家族の協力が必要です。

痛みを伴う場合がある

矯正治療は歯を動かす治療であり、痛みが出る場合もございます。通常、矯正装置をつけてからだんだんと痛みは減っていきますが、耐え難い痛みであったり先生から伝えられた経過と違ったりと万が一のことがあれば当院までご連絡ください。

永久歯を抜歯する可能性がある

矯正の段階でどうしても永久歯を抜くことになる場合も考えられます。 もちろん勝手に抜くといったことはありませんが、矯正専門医としっかり相談してご本人・ご家族の間でも話し合って治療方針を決定してきましょう。

施術の流れ

01. 初診相談ご予約

お電話にて初診のご予約をお取りください。

初診相談のご予約はこちらから

02. 矯正相談

レントゲンやお顔・お口の中のお写真の撮影、3Dスキャンなど資料取りを行います。
データを用いて、歯だけでなくお顔全体のバランスも見ながら、ドクターより患者様それぞれに合わせた治療内容・治療期間などをご説明いたします。
全顎矯正、部分矯正、小児矯正など、治療方法も複数ございますので、患者様のお悩みや改善したい部分に沿った治療内容をご提案いたします。
医療コンシェルジュも在籍しておりますので、気になることがあれば何でもご相談ください。

03. ご契約

治療を開始するにあたり、同意書にご署名をいただきます。
※未成年の方は必ず保護者の方のご署名が必要となります。

04. 矯正資料取り

レントゲンやお顔・お口の中のお写真の撮影、3Dスキャンなど資料取りを行います。
※矯正治療開始前に必要と思われる虫歯治療、歯周病治療の所見がある場合には、矯正資料取りの前に、虫歯治療および歯周病治療をお受けいただきます。

05. 診断結果おつたえ

資料取りを経て精密な検査結果をもとに立てた矯正治療計画を患者様にご説明いたします。
あらためて治療期間や補助装置の有無、仕上がりのイメージなどをご確認いただきます。

06. 矯正治療スタート

歯周基本治療後は、患者様によって治療方法が異なります。
下記の3つが主な治療方法です。

  • 2期治療(全顎矯正治療)
  • 部分矯正(限局な矯正)
  • 1期治療(混合歯列時の治療)
リスク・副作用

矯正治療

  • 矯正治療に必要となる期間や精度には個人差があります。
  • 口腔内の状況により、抜歯を伴うことが必要となるケースがあります。
  • 口腔内の状況により、叢生の改善をすることでブラックトライアングルが出て来る可能性があります。
  • 個人差がありますが、歯が後戻りをすることがあります(移動した歯は元の位置に戻ろうとする性質があります)。後戻りを防止する目的で、治療終了後はリテーナー(保定装置)を一定期間正しく装着してください。
  • ごく稀に歯が抜ける場合があります。
  • ごく稀にブラックトライアングルができる場合があります。
  • ごく稀に歯肉退縮が起こる可能性があります。回復するためには別途、歯周外科処置が必要となる場合があります。
  • 歯のスペースが極端に少ない場合は部分矯正では歯を移動させることが難しい場合があります。
  • 歯に痛みがでる場合があります。

インビザライン

  • 矯正治療に必要となる期間や精度には個人差があります。
  • 口腔内の状況により、抜歯を伴うことが必要となるケースがあります。
  • 口腔内の状況により、叢生の改善をすることでブラックトライアングルが出て来る可能性があります。
  • 個人差がありますが、歯が後戻りをすることがあります(移動した歯は元の位置に戻ろうとする性質があります)。後戻りを防止する目的で、治療終了後はリテーナー(保定装置)を一定期間正しく装着してください。
  • ごく稀に歯が抜ける場合があります。 ・ごく稀にブラックトライアングルができる場合があります。
  • ごく稀に歯肉退縮が起こる可能性があります。回復するためには別途、歯周外科処置が必要となる場合があります。
  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります。
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着が必須です。1日20時間以上の装着が守られない場合、望まれる治療結果に影響を与えることがあります。
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります。
  • インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)を用いた矯正治療は完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。

pagetop