大阪駅・梅田の歯医者・歯科ならYASUOKA DENTAL OFFICE UMEDA

症例集

example

ソケットリフト

下顎は矯正及び固定式インプラントと補綴(セラミック)治療、上顎はインプラントオーバーデンチャーにより咬合再構成を行った症例

Before
After

物が全く噛めないからなんとかしてほしい。
長年の入れ歯生活で噛めないから噛むところを探して歯が倒れ込んでどこで噛んだらいいかもわからない状態だった。

矯正と欠損補綴と補綴で治療下顎は固定制の治療を行い、上顎は価格の問題でインプラントを使用した取り外しの半固定式補綴物で治療。

なんでも噛めるし、同窓会で一番若いって言われた!!

施術概要・リスク

続きを読む

多数歯欠損をインプラントと補綴(セラミック)治療にて咬合再構成を行い、審美性と機能性を回復した症例

Before
After

前医に上顎の歯を全て削られほぼほぼ連結され最初は良かったが1年ほどで脱離を繰り返すようになる別の医院に行ってもこれは前医にと言われてたらい回し。誰も治せない状態で当院もつけてくださいと来られました。

歯周病の治療と歯根破折歯を抜き欠損補綴(インプラント)と補綴(被せ)で咬合再構成を行い、お孫さんに綺麗な歯っていつも触られてすごく自信のなかった口腔内に自信が持てるようになりました。

施術概要・リスク

続きを読む

インプラントと補綴(セラミック)治療にて咬合再構成を行い、良好な結果を得た症例

Before
After

静岡から人生を変えるために来院 もうものが噛めないということで噛めるようにしてほしいということで来院。

欠損補綴(インプラント)と補綴で咬合再構成。顎位が前後左右ずれていたためまずインプラントで噛める状態を作りそこから安定する顎位を模索し安定する場所で機能をしっかり有する審美補綴を作成。

なんでも噛めるし、どこでやったんやっていっぱい聞かれる人生になった。20歳若返ったと言われる人生を得た症例。

施術概要・リスク

続きを読む

THP(トータルヘルスプログラム)とインプラント・補綴(セラミック)治療により咬合再構成を行った症例

Before
After

75歳を超え、歯周病で歯が抜けると言われて来院。

歯周病のコントロールをTHPで行い歯周病を悪化させる磨きにくい親知らずを抜歯し欠損補綴(インプラント)を行い、最後に動揺がある前歯を補綴で固定。審美的かつ機能を与え且つ審美的欲求を改善した症例。

施術概要・リスク

続きを読む

インプラント治療およびセラミック治療による咬合再構成

Before
After

30年以上受け口がコンプレックスで大学病院に3箇所行ったが骨切り(外科矯正)しか治らないと言われ続けました。勇気が出ずにここまで先延ばしにして来ましたが今回は覚悟を決めて来院されました。

外科矯正なしでもある程度のところまでは機能回復可能ということを伝え治療に入りました。

欠損補綴(インプラント)とセラミック(被せ)を使用し、咬合再構成治療にて機能回復しコンプレクスから解放され、なんでも食べられ人前で笑顔ができるようになったと伝えていただきました。

施術概要・リスク

続きを読む

pagetop